女性・薄毛・予防・正しいシャンプー・方法

女性の薄毛予防の為の正しいシャンプーの方法

女性の薄毛予防の為の正しいシャンプーの方法を紹介します。

シャンプーは頭皮や髪の毛の汚れを落とすだけでなく、
同時に頭皮マッサージをする事によって頭皮の血流環境をよくしてくれる働きがあります。
よって女性も男性もそうなんですが、
薄毛予防には毎日のシャンプーと正しいシャンプーの方法を身に着ける事は非常に重要です。

そこでポイントまとめてみました。
薄毛にお悩みのあなたも是非ご参考になさってみて下さい。

 

シャンプーは1日1回

 

シャンプーの回数は基本的には1日1回がベストです。
例え夏場であっても1日2回は多いと思います。

 

理由はシャンプーを1日に何度もする事によって、
頭皮の皮脂を必要以上に洗い流してしまうからです。

 

適度な皮脂が頭皮に残った状態が髪の毛には一番ベストな状態です。
逆に2日に1度は冬場であればともかく、
3日に1度は逆にシャンプーをしなさすぎで薄毛にも非常に悪い影響を与えてしまいます。
(理由は頭皮の毛穴に脂汚れが詰まってしまい髪の毛の成長の妨げになるからです。)

 

シャンプーは予洗いを含めて2回

 

シャンプーの基本は予洗いを含めて2回が基本です。

 

1回目で髪の毛を濡らしてシャンプーを頭につけて軽く洗い流します。
これで髪の毛や頭皮の表面についたチリやホコリや整髪料の汚れを落とします。

 

そして2回目のシャンプーで今度はしっかりと泡立てた泡を使って、毛穴にまで浸透させて脂汚れを取り除いて行きます。
シャンプーの量としては2回目は1回目の量の半分程度が理想的です。

 

チェックシャンプー時に重要なポイントは、

@爪を立てずに指の腹で頭皮を優しくマッサージをするように洗う事が重要です。
(決してゴシゴシと洗ったりしないようにしましょう。頭皮は非常にデリケートで刺激に弱いからです。)

 

A下から上に向って洗う
普通は髪の毛の根本から毛先に向って洗うのが当たり前のように思われがちです。
しかし正しいシャンプーの方法は毛先から根本に向って洗うのが正解です。
(理由は、髪の毛が伸びる方向と逆の方向に向かってシャンプーをする事で隅々にまでシャンプーの泡が行き渡るからです。)

 

洗い流す時も下から上に向って

 

シャンプー後はしっかりとシャンプーの泡をお湯で洗い流しましょう!
泡が頭皮の毛穴に残ってしまうと薄毛の原因になります。

 

そしてシャンプーの泡を洗い流す時も髪の毛の流れの反対方向(下から上に)に向って洗い流すようにすれば、シャンプーの泡がキレイに洗い流せます。

 

乾燥

 

シャンプー後はタオルで軽くぽんぽんと叩く感じで髪の毛と頭皮の水分を拭きとりましょう。
(決してタオルでゴシゴシと頭皮にこすりつけて水分を飛ばすやり方だけはやめましょう。摩擦によって髪の毛のキューティクルを傷める原因になります。)

 

また自然乾燥も頭皮や髪の毛が乾燥状態になりやすくなり薄毛に悪影響を及ぼします。
しっかりとドライヤーでシャンプー後は乾かすようにしましょう。

 

しかしその一方でドライヤーの温風熱も頭皮や髪の毛には正直あまりよくありません。
よってドライヤーを近づけすぎないようにある程度(15cm以上)は離して髪の毛を乾かすようにしましょう。
そして同じ個所に長時間あて続ける事もよくありません。
ポイントは短時間ですばやく頭全体にドライヤーをあてて髪の毛を乾かす事です。

 

 

>>正しいシャンプーの選び方はコチラ