女性専門・薄毛外来・治療方法・流れ・種類

女性専門の薄毛外来の治療方法の流れと種類

女性専門の薄毛外来の治療方法の流れと種類について紹介致します。

 

女性の専門の薄毛外来でのおおまかな治療方法の流れとしては、

 

流れ

 

@『カウンセリング』

 

患者さん個人の疾病状況や生活習慣についての聞き取り調査を行います。(問診)
そして一旦この段階で問診票で持病(高血圧や心臓や腎臓や肝臓に疾患)がある場合は薄毛治療をお断りする場合があります。
(なぜならば今後薄毛治療を行うにあたり薬によっては心臓や腎臓や肝臓に強い副作用を伴うお薬もあるからです。)

A『頭皮チェック』

 

頭皮の状態をファイバースコープで実際に見て毛髪や毛穴の状態をチェックします。

B『血液検査』

 

血液検査を行い、肝機能や腎機能や甲状腺機能やホルモン機能などの検査を行います。
おそらく治療1日目は一旦ここで終わりになると思います。
(理由は血液検査の結果が2,3日間を要するからです。)

C『治療開始』

 

血液検査で問題がなければ再来院をして本格的な薄毛治療が始まります。

 

治療方法の種類

 

@『塗り薬』

 

発毛効果のある「ミノキシジル」を1日2回頭皮に塗ります。

 

A『内服薬』

 

代表的なお薬としては「パントガール」や「ミノキシジル」などがあります。
1日1回程度服用していきます。

 

B『メソセラピー』

 

独自に配合した育毛を促進する効果のあるお薬を注射器を使って頭皮に注射をして発毛効果を促します。

 

C『サプリメント』

 

発毛・育毛に必要なビタミンやミネラルやアミノ酸を配合したサプリメントを服用する事で発毛を促します。

 

D『スカルプシャンプー&エッセンス』

 

発毛・育毛効果のあるスカルプシャンプーやエッセンスを使って発毛を促します。

 

以上の治療方法を個人の薄毛の進行状況に合わせて何通りかを組み合わせて薄毛治療を行って行きます。